出会い系を楽しむコツ

   2017/04/26

メルパラを含む優良出会い系サイトを毎日使う僕が
出会い系サイトを楽しむコツを教えてあげるよ。

毎日料金を使って掲示板みて
かわいい女の子を探すのもいいけど、

なんだか飽きてきたな…とか
一向に会えないしつまらなくなってきた…。っていう人は注意。

サクラや業者を避けることで頭がいっぱいになってない?

楽しむコツっていうかモチベーションを保つコツかな。

 

 

出会いに期待し過ぎない。ゆっくり楽しむ

むやみに女の子の出会いに期待しないこと。
女の子からのメールは来たらラッキーぐらいに考えて
過度な期待はやめたほうがいい。身がもたない。

出会いたいのは山々だろうけど、
出会いに一喜一憂してたら大変だしね。

メルパラみたいなサイトは細々としてて
活気もそこそこだよね。(だから競争率が低くて助かるんだけどね…。)

だからサイトを使うのもそんな力んでも仕方ない。
かる~く使うくらいがいいと思う。ゆっくり楽しむのだ。

 

掲示板は適当でもいいから投稿しておく

ワンポイントアドバイスとして少しでも出会いのチャンスを増やすために
掲示板は毎日投稿した方がいいと思うよ。無料だからね。

同じ文章でもいいし、変えてもいいけど、
何らかの出会いのきっかけになってくれるはずだよ。

メル友募集でもいいし、ライン交換OKな人
ピュア掲示板で募集してもいいし、デートの相手を募集してもいい。

まぁアダルト掲示板よりはピュアの方が反応は悪いと思うけどね。
だって一番活気があるのはアダルト掲示板だと思うから。

 

 

他の機能も使ってみる

メルパラをはじめとする優良出会い系サイトは
掲示板の他にもいろいろ機能があるんだよね。

いろいろ楽しみを作ったほうが続きやすいからね
ちょっとした機能も使ってみることをおすすめするよ。

 

日記の機能を使ってみる

メルパラの代表的な機能で、まず日記があるよ。

日記は新着も見れるしランキングもあるんだよね。
日記は一切無料ってところもいいよね。

コメントをしてもいいし、自分で素朴なことを書いてもいい。
書くときは別にどーでもいいことでいいと思う。
出会い系サイトなんてfacebookと比べれば圧倒的に小さな
コミュニティだし、ブログのように友人に公開されるわけじゃない。

同じようにこのサイトを使ってる人がいるんだなって
確かめることが出来るのも面白いよね。

ちなみに特定の1人の日記を毎回見たいなら「愛読日記」の機能で
常にチェックすることもできるよ。

 

 

コメントを貰いやすい日記はニュース型

ちなみにこーゆーコンテンツで読まれやすかったり
コメントを貰いやすいのはニュースの事を自分なりに
解釈して書いているようなものだね。

日記を書くなら

タイトル「今日はこれを食べました」よりは
タイトル「SMAPの解散ってヤラセじゃね…」とかの方が
注目を集めやすいよ。

ニュースはみんな興味あるからね。

 

ニュースやアミュパラなどを眺める

ニュース何かが見れるところもメルパラの評価する点だね。
ニュースは簡単で短くまとめられてるから読みやすいよ。

まるでYAHOO!のトップページみたいだ。

アミュパラ占いとかコラムとかがある。

個人的には恋愛・セックスに関するコラムは面白いし
結構参考になると思うな。

 

音楽のニュースもある

ニュースは今は「一般」「音楽」があるんだよねメルパラは。

音楽の方はジャニーズやAKB系のニュースから
いろんなものが見れるようになってるよ。

これをネタに使えば日記も書けるし有効活用できるかも。

 

ウタコレには音楽好きなら楽しいコラムがある

あとニュースの欄とは別に「ウタコレ」っていう
音楽特集のページもあるよ。

音楽のニュースとかコラムがあったりする。

コラムは結構面白くてバンドの小話とかライブの出来事とか
上手にまとめられてるね。

 

ウタコレには歌詞検索もある(笑)

なぜか「ウタコレ」の機能には歌詞検索があるよ(笑)

メルパラがなぜそこまで音楽にこだわるのかはわからないけど、
まぁ曲を調べたい時とかは使ってもいいんじゃないかな?

僕の好きなゴスペラーズの「ひとり」も入ってた(笑)

しかも漢字にしっかりフリガナまでふってくれてるから
無駄に読みやすい(笑)

なぜここまでメルパラは音楽推しなのかw

 

ちなみに他の出会い系サイトならツイッターみたいに
「つぶやき」っていう機能があったりするところもあるね。

メルパラは比較的サービスは少ない方だよ。

せっかくサイトを使うなら掲示板やメール以外も
使って楽しんだ方がいいんじゃないかな?っていう話でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。